低金利でキャッシングならノーローン、本人確認なしではありません

ノーローンでキャッシングを行うにあたっての最大の利点はその低金利にあります。ノーローンは標記上の金利こそ18パーセントであり、他社との差異は認められません。

ですが、キャッシングは借入から7日分の金利を無料にしてくれるというサービスを展開しているので、短期での借入ならば利息負担なし、長期の借入においても7日分の利息を低減できるのです。

しかも、大手他社の展開する契約初回のみの金利無料という内容ではなく、契約後も同じ月の借入でなければ、借入ごとに金利を無料にしてくれるという繰り返し可能なサービスです。

したがって、短期の契約を繰り返す方や、長い間1社だけを使い続けたいという方には向いている企業であると言えます。

審査にあたっても、非常にスムーズな手続きとなっている点が大きな利点となっています。

ウェブサイト上での簡易シミュレーションからそのまま審査に入れるので、ネットを使う事により自宅で審査を受ける事ができます。

審査完了後は郵送でカードが送られてきますが、もし家族などに知られたくない場合は自動契約機まで向かってカードを受け取るも可能なのです。

ノーローンは情報にも尾錠に気を使っており、残念ながら本人確認なしとはいきませんが、本人確認なしであるかのような安心の確認方法を取る事で知られています。

本人確認なしを希望する方が最も心配する職場確認などは、積み重ねられたノウハウを使って消費者金融の審査だとバレないように確認してくれますので非常に安心して利用する事ができます。

本人確認なしの意味・違いとノーローンのキャッシングの審査の仕組み

ノーローンは消費者金融のシンキが提供する消費者金融で、現在は新生銀行グループの企業となっています。

何と言っても魅力はその言葉の意味にもあるように、無利息キャッシングがセールスポイントです。

しかし、他社の無利息キャッシングと違う点は1週間の短い期間ながらも、完済すれば何度でも次の借り入れで無利息が適用される点です。

大手の通販ポイントなどポイントサービスと提携して、返済ごとにポイントが貯まるなど無利息キャッシングと同様に独自のサービスも魅力の一つです。

そんなシンキのノーローンの審査では本人確認なしではありませんが、証明書の提出次第では在籍確認なしとすることもできます。

基本的に本人確認なしというキャッシングは存在しませんが、本人に審査結果の通知として電話をかけるかどうか、また勤務先への電話も審査の状況によって異なります。

ノーローンの審査で必要となる本人確認書類は運転免許証や保険証などで、これは他のカードローンと変わりません。

勤務先への電話は基本的に行われますが、条件付きで給与明細書や社員証で在籍とすることがあります。

しかし、これは例外的な措置とも言えるもので、基本的に在籍確認が必要となり、返済能力をみる上で重要な意味を持ちます。

また、審査結果はメールで通知されますが、最終的な契約の段階では本人に電話確認が入ることになります。

電話連絡は在籍と本人確認の二つがあり、このうち金融会社によっては提出された本人利用の証明書の提出のみで、本人確認なしとすることもありますが、こちらも条件が設定されています。

シンキの場合は基本的に電話連絡があり、確認作業のベースとしています。