個人事業主でも本人確認なしで借入れできるのか

個人事業主とサラリーマンの違い

個人事業主は収入を自らの事業などで得ている人であり、サラリーマンは給与所得者になります。違いとしては給与所得者は会社に所属していますし雇用保険など制度的にも守られているため比較的、安定した収入を得られるのに対して、個人事業主には保護される制度が小さく、収入も不安定といえます。このため借入れを行う場合には事業が安定していることなどが条件となるため、サラリーマンに比べると不利に扱われます。このため消費者金融や銀行などで個人的な目的のためにお金を借入れするといったことが難しいのが現状です。ただしまったく利用できないわけでもなく所定の条件を満たすことでサービスを利用することが可能です。

本人確認なしで利用できるのは

一方で借入れをするさいにネックになるのが本人確認です。本人確認では2つがあり、ひとつが申込み利用者が、お金を借りるさいに本人であるかどうか確認することと、また職場などに本人が在籍しているか確認することです。本人確認なしで利用できるケースはほとんどありませんが、身分確認などに関しては運転免許証などで本人確認が行われ直接、電話でやりとりするといったことなく済ませることができます。一方で会社などに確認する場合には一定の条件を満たせば電話連絡などを回避することができますが、
一方で個人事業主の場合には貸し出す方もリスクがともないますし事業主によってその条件が変わってくるため本人確認なしで利用できるものはほとんどないのが現状です。